山神水道企業団

トップページ サイトマップ お問い合わせ
メニュー
Kids!コーナー
山神浄水改良事業
水道企業団からのお知らせ
水道の故障・トラブルについて
山神水道企業団とは
情報公開
予算情報
決算情報
地球温暖化対策実行計画
水質管理
入札関係
職員採用
施設について
各種データ集
各種ダウンロード
よくある質問
リンク集
山神水道企業団
〒818-0046
福岡県筑紫野市大字山口1917-1
TEL:092-919-5030(代表)
   092-405-8870

トップページ > 情報公開 > 決算情報

決算情報

令和2年度 山神水道企業団決算の概要


供給水量

令和2年度の年間総供給水量は6,461,729m3で、一日平均供給水量は17,703m3となっており、1日平均供給水量を昨年度と比較すると1,751m3の増となりました。また、構成団体への内訳は次のとおりです。

筑紫野市 3,082,519m3  
三井水道企業団 2,364,429m3  
太宰府市 1,014,781m3  

収益的収入及び支出(税抜)

 収益的収支の状況は、水道事業収益が5億4,295万3千円で、その主なものは、水道用水料金5億489万円の営業収益と、受取利息・補助金・長期前受金戻入などの営業外収益が3,806万2千円です。
 また、水道事業費用は5億5,010万2千円で、その内訳の主なものは、人件費・浄水場の運転監視業務委託料・薬品費・水質検査業務委託料・減価償却費などの営業費用が5億1,353万円、企業債の支払利息などの営業外費用が3,657万1千円、特別損失が1千円です。
 この結果、令和2年度は714万9千円の純損失を生じており、経常収支比率は98.7%でした。

資本的収入及び支出(税込)

 資本的収支の状況は、企業債などの借入を行わず資本的収入は0円です。
資本的支出が1億818万9千円で、その主なものは建設改良費が1,423万8千円、企業債償還金(国等からの借入金の返済)が9,395万1千円となっています。


山神水道企業団 令和2年度決算の詳細はこちらから

資金不足比率

地方公共団体の財政の健全化に関する法律第22条第1項の規定により、
資金不足比率を公表します。

Adobe PDF logo PDFを閲覧するためには、Adobe Acrobat Reader 日本語版が必要です。
インストールされていない方は、こちらでダウンロードできます。


このページのTOP↑

←情報公開TOP